道歩いてるとたまに見かける、けっこうな声量で唄ってる人

つい最近も見かけた、20代半ばくらいの男子が
けっこうなデカい声でaikoのカブトムシを
「 悩んでる身体が熱くて〜♫ 」と
ゆ〜っくり自転車漕ぎながら、ハンドルをゆる〜く右へゆる〜く左へS字を書きながら
さぞ気持ち良さそうに、、

恥ずかしい気が一切なくて、惚れ惚れするわ

仮に僕が唄ってたとしても、通行人を発見するやいなやスパっと止めるか
唄ってたのが明らかにバレてたとしたら「フン、フフン」て
コレ鼻唄ですからね〜、てくらいまで音量さげちゃうなあ

僕のほかにベビーカー押した女性とその向こうに小学生2人が歩いてたのに、そんなのなんのその
あんなに気持ち良さそうにしっかり唄われると、完敗した気分だよね

上手いとか下手とか、恥ずかしいとか恥ずかしくないとかじゃなく
今唄いたい気分だから、唄う

そのラテンな感じをもっと自分にも欲しいなあ
と思った帰り道

ワールドカップで若干の寝不足気味
ギリシャとコロンビアに勝って決勝トーナメントいって欲しいなあ